ゼニススイス時計

エル・プリメロヒストリック1969

 エル・プリメロヒストリック1969

ル・プリメロ ムーブメントの基本的要素が製図版に最初に描かれたのは1962年のことです。その意図は、創業100年目にあたる1965年に向けて、ブランドを象徴するモデルを開発するといういたってシンプルなものでした。確かにアイデアは素朴ですが、仕様の面はそう簡単なものではありません。世界初の自動巻クロノグラフの製作となるからです。しかも、追加機能はなく、1つのコラムホイールと1つのボールベアリング式センターローターに基づいた、切り離せないまとまりとして設計されることになりました。また、世界で最も精度の高いクロノグラフとして、高速振動の記録も破らなければなりませんでした。事をさらに複雑にしたのは、小型で、日付表示を備えたムーブメントの作成です。これらの課題を克服し、ようやく開発に至ったのは、当初の目標であった創業100周年記念の年から4年後でした。

9ヶ月にわたる作業
2500あまりの生産工程
300名もの職人
18種の金属素材

近代時計製造の歴史にその名が長く刻まれることになるこのクロノグラフは、エスペラント語で「第1の」を意味するエル・プリメロの名を与えられ、1969年1月10日に初公開されました。その比類のない性能から、日付表示を備えたクロノグラフ《3019 PHC》と、トリプルカレンダーとムーンフェイズ表示を備えたクロノグラフ《3019 PHF》というコードネームのもとに、2つのキャリバーの開発にも至りました。 しかし、革新的なのは比類ない技術だけではありません。暗い文字盤とトーン オン トーン配色のカウンターが流行していた当時、エル・プリメロはこれまでにない色使いとコントラストで文字盤の視認性を高める新たなデザイン基準を確立しました。こうして、最も明るい色はセコンドカウンター、最も暗い色はアワーカウンター、その中間の色はミニッツカウンターに採用されました。ダークグレー、ライトグレー、ブルー。この3色は、時を経ずしてモデルを象徴する組み合わせとなりました。

エル・プリメロヒストリック1969

 エル・プリメロヒストリック1969


エル・プリメロ ストライキング10th、キャリバー 4052

エル・プリメロ ストライキング10th、キャリバー 4052


エル・プリメロ キャリバー 3019 PHC、1969年

エル・プリメロ キャリバー 3019 PHC、1969年


それから40年あまり経った今も、エル・プリメロは、1/10秒単位の計測が可能な、量産型クロノグラフとしては世界で最も精度が高く、最も数多くの賞を受賞したモデルとなっています。


以降、この伝説のキャリバーは、同名のコレクションの中で進化を続けてきました。エル・プリメロ コレクションの時計1つの製作には平均9ヶ月を要し、18種類もの金属を使用します。300人の熟練した職人たちによって、2500あまりの生産工程が連続的に行われます。 伝説のキャリバーが体現する技術的快挙 スモールコンプリケーションから、ミニッツリピーターや「グラビティ コントロール」と呼ばれるジャイロスコープ モジュールといった複雑なメカニズムまでさまざまな機構を搭載したエル・プリメロ キャリバーはいずれも、毎時36,000回の高速振動、ムーブメントに一体化した構造、これほどの高振動にもかかわらず異例の長さを誇るパワーリザーブという共通点を持っています。


秒針とクロノグラフ針は毎秒10回ジャンプし、1/10秒単位での計測を可能にします。これは比類ない精度を示すと同時に、時計の規則正しさの向上にもつながります。というのも、振動数が高いほど、重力や衝撃などの外部要因によって生じる時計の誤差は減少するからです。

ハイビートと50時間を超えるパワーリザーブの
両立に成功したことです。

一体型キャリバーのエル・プリメロは、各機能の調整を最適化するためにカムではなくコラムホイールを採用した高度なクロノグラフですが、とりわけ、設計者の最もめざましい偉業のひとつは、ハイビートと50時間を超えるパワーリザーブの両立に成功したことです。テンプの慣性を維持しつつ振動数を2倍にするには、8倍の動力が必要だからです。


エル・プリメロ キャリバーは、新たな複雑機構や画期的なメカニズム、革新素材の採用とともに年々進化を遂げ、今日、23のバリエーションで展開されています。ゼニスが誇る大胆な創造性と、時計製造にかかわるあらゆる専門技術を集結したマニュファクチュールに支えられ、これから先もずっと、素晴らしい時計製造の歴史を綴っていくことでしょう。

  • フェリックス・バウムガートナー

    フェリックス・バウムガートナー

    音速の壁を越える

    フェリックス・バウムガートナーの手首に
    しっかりと装着された
    エル・プリメロ ストラトス フライバック
    ストライキング10th クロノグラフは、
    宇宙の入口で音速の壁を越えました。

    詳細を見る
  • ウォッチ ムーブメント&コンプリケーション

    ムーブメント

    600種類以上

    ゼニスは、自社のマニュファクチュール内で
    一貫して設計・製造された、
    600種類以上に及ぶムーブメントの
    素晴らしいコレクションを有しています。

    詳細を見る

  • サービスセンター

    世界中に広がるサービスセンターの
    ネットワークで、熟練した時計職人
    による伝統に基づいたメンテナンス、
    時計の修理、古い時計の修復をご提供
    いたします。

    サービスセンターを検索する

go up