ゼニススイス時計

伝説の人物


時には一生涯をかけて行われることもある偉業のパートナーとして、ゼニスの名前は人類の壮大な冒険と密接に結びついています。人々の記憶の中に永遠に刻まれた歴史に名を残す人物たちのパートナーとして、あるいは人知れず自らの宿命や使命を成し遂げる日常の英雄たちにインスピレーションを与えることによって…。全てが可能になる自由の空間を開くこの星を、誰もが追い求めているのです。

  • アレクサンドラ

    「高級時計製造」部門の時計職人

    全ては今から10年近く前、一人の時計職人が彼女にミニッツリピーターの修理を依頼したことから始まりました。

    詳細
  • シャルル・ベルモ

    ごく普通の英雄

    エル・プリメロの製造道具を大切に隠していたシャルル・ベルモのおかげで、ゼニスは1984年に伝説のクロノグラフの製造を再開することができました。

    詳細
  • エル・プリメロ

    高速振動で時を刻む

    1969年。人類は月に降り立ち、アーパネット・プロジェクト ―インターネットの原型― がスタートし、コンコルドが音の壁を超えて空を飛ぶ一方で、何十万人もの人たちがウッドストック・フェスティバルに押し寄せました。

    詳細
  • フェリックス・バウムガートナー

    音速の壁を越える

    フェリックス・バウムガートナーの手首にしっかりと装着されたエル・プリメロ ストラトス フライバック ストライキング10th クロノグラフは、宇宙の入口で音速の壁を越えました。

    詳細
  • ガンジー

    伝説の懐中時計

    マハトマ・ガンジーは、友人インディラ・ネルーからゼニスの時計を贈られました。シルバー製のこの懐中時計は彼の日々の生活と旅のリズムを刻みました。

    詳細
  • ジョルジュ・ファーブル=ジャコ

    マニュファクチュールの概念

    1865年ジョルジュ・ファーブル=ジャコは、明るく広大な建物を建設させ、そこに時計製造のすべての職種を集めることで、マニュファクチュールの概念を生み出しました。

    詳細
  • ジャン=ルイとミシェル

    高精度の道具を設計・製造

    マニュファクチュールのメカニック アトリエ。我々が今いるのは、ジャン=ルイとミシェルの作業場です。2人の年齢を合計すると84歳。

    詳細
  • ルイ・ブレリオ

    英仏海峡の横断飛行

    1909年7月25日、ルイ・ブレリオは、「ブレリオ11号」で英仏海峡を横断するという偉業を成し遂げました。この時、彼の手首には愛用のゼニスウォッチがありました。

    詳細
  • イヴ

    革新的メカニズムの開発者

    子供の頃から時計の機械装置に夢中だったイヴは、ゼニスのムーブメント開発部長です。

    詳細
go up