ゼニスとハバノスのパートナーシップが新たな局面へ - ロミオ & ジュリエット シガーにインスパイアされたエリート ムーンフェイズ モデルの特別なペアが登場 -

2/28/2020
Romeo y juliet cigars

2020年2月27日、キューバ、ハバナ:ゼニスCEOのジュリアン・トルナーレとハバノス社開発担当副社長のホセ・マリア・ロペス氏は、ゲストの皆さまを迎えて両社の最新コラボレーションを披露しました。コイーバおよびトリニダッドの2つのシガーブランドに続いて、ゼニスとハバノスはそのパートナーシップに新たな局面を切り開きました。それがロミオ & ジュリエット ウォッチのコラボレーションです。これは、デザインを一新したエリート コレクション初のスペシャルエディションであり、今年初開催のLVMHウォッチウィークで発表されました。この豪奢な作品を作り出すため、ゼニスはタイムレスなエリート ムーンフェイズにリニューアルを施し、気まぐれでロマンチックな雰囲気を添えました。

「ゼニスでは、再び親しい友人であるハバノスと共にハバナへ立ち帰ることができることに大きな喜びを感じています。我々のパートナーシップには新たな章が開かれ、人生における素晴らしい喜びを享受することができます。ロミオ & ジュリエットとのコラボレーションによって、ゼニスでは男性用および女性用ウォッチの特別なペアを誕生させましたが、これはエリート コレクションのタイムレスな美しさとロミオ & ジュリエット シガーの永続的な魅力を強調するものであり、また同時に他とは一線を画す女性たちのための時計を作り続けてきたゼニスの取り組みを際立たせるものでもあります」ゼニスCEOのジュリアン・トルナーレは述べています。

物語が進むにつれて、月と星を唯一の証人に、夜空の下でロミオとジュリエットの2人の愛の物語は展開されていきます。その様子が、エリート ムーンフェイズ ロミオ & ジュリエット エディションには描かれています。このエディションでは、2つの半球形のムーンフェイズ コンプリケーションが文字盤に配されています。男性用の「ロメオ」バージョンはその文字盤にグラデーション効果を備えた深みがありながら輝くようなブルーのサンレイパターンがあしらわれており、女性用の「ジュリエット」バージョンでは、グラデーション効果を備えたレッドの文字盤となっています。いずれにもロミオ & ジュリエットのロゴが取り付けられています。ユニークなムーンフェイズ表示には、2人の恋人たちが夜空を横切るように永遠にお互いを追いかけ続ける様子が描き出されます。その2人の顔は、ロミオ & ジュリエット シガーが入っている箱に描かれているもので、これが2つのシルバーの月にレーザー刻印によって細部まで再現されています。ムーンフェイズを表示する文字盤上の伝統的なアーチ型の開口部に代わって、ゼニスは文字盤のサンレイパターンを損なうことのない2つの円形の開口部を設けました。

40.5㎜の「ロメオ」ステンレススチール製ケースと、ベゼルに75個のダイヤモンドをセットした36㎜の「ジュリエット」ステンレススチール製ケースを備えたこれらの特別なエリート モデルには、どちらにも文字盤の色に合わせたアリゲーターレザーのストラップが取り付けられており、ライニングのカラーにはそれぞれの反対色が使われています。エリート ムーンフェイズ ロミオ & ジュリエットは、両モデルが収納されたスペシャルボックスセットとして145個限定生産されます。これはロミオ & ジュリエット シガーブランドの145周年を記念しています。

ロミオ & ジュリエット:ハバナの情熱の物語

1875年に創業され、今年で145周年を迎えるロミオ & ジュリエットは、キューバ産シガーの世界で最も尊敬されているブランド名の1つです。1885~1900年の間に、ロミオ & ジュリエットはさまざまな試飲品評会で数々の賞を受賞しており、そのメダルがブランドのロゴを取り囲むようにあしらわれています。ロミオ & ジュリエットは、20世紀初頭にホセ・“ペピン”・ロドリゲス・フェルナンデスがオーナーを務めていたときに、国際的な評価を得るようになりました。極めて国際派だった彼は、ロミオ & ジュリエットを宣伝するためにヨーロッパやアメリカ大陸を常に旅し、彼が所有する競走馬のジュリエッタは世界各国の名門レースに参加しました。ロミオ & ジュリエットの熱心なファンの中には、ウィンストン・チャーチルが名を連ねており、彼に敬意を表してロミオ & ジュリエットでは主要製品のヴィトラに彼の名前を冠しました。

ブランド名にシェイクスピアの禁じられた愛の物語のタイトルを付けたのは、葉巻工場のレクトールが読むロマンチックな物語をシガーを巻く職人たちが好んだことに由来しています。ハバナ産シガーの製造における伝統的かつ中心的な役割であるレクトールは、ハバナシガーを巻く職人たちが仕事中に退屈しないように古典文学を読んで聞かせるという仕事を担当していました。ハバナシガーに見られる情熱はすべて、葉巻工場のレクトールから聞いた話に刺激を受けた葉巻き職人がハバノにその情熱を込めているからだと言われています。

「我々とゼニスの関係は、2つのブランドが気持ちの上で結びついていることに特徴があると思っています。我々は2つのラグジュアリーアイコンが結びついたことによって、ユニークなウォッチ シリーズが誕生したことを誇りに思っています。2016年、当時コイーバは世界で最も権威ある高級煙草ブランドでしたが、このパートナーシップをスタートさせたことにより、2017年と2018年に登場したコイーバ向けの新しいスペシャルエディションのゼニス ウォッチでそのことを再確認することができました。その後、2019年にトリニダッド ブランドの50周年を祝福し、ゼニスはハバノのコレクターや愛好者たちを3つのユニークな時計で驚かせました。現在は、新しい10年の幕開けに当たります。それは1秒1秒を大切にする、情熱が込められた時間です。それがロミオ & ジュリエットとゼニスがパートナーになった理由です。この壮大なハバノを楽しむ瞬間を、その手に付けた特別な時計が刻んでいくのです」ハバノス社開発担当副社長のホセ・マリア・ロペス氏はコメントしています。