ノウハウ
メゾン

ノウハウ

未来の時計製造を形成するのに必要な知識とクラフツマンシップを集約することにより、1865年以来、ゼニスは本当の意味で統合されたマニュファクチュールとしてその立場を一層際立たせてきました。

エル・プリメロ

1969年、世界初となる高振動の自動巻きクロノグラフムーブメントとしてエル・プリメロ キャリバーが発表された時、世界中で爆発的な人気を得ました。50年以上経った今でも、さまざまなバージョンや進化をとおして、性能や精度の基準を作り続けています。

MASTER OF CHRONOGRAPHS
ポッドキャストを聴く

    高振動

    ゼニス マニュファクチュールでは、革新をどこまでも追求し続けることで、高振動の計時精度の分野におけるパイオニアになりました。世界初の高振動自動巻きクロノグラフであるエル・プリメロの登場をきっかけに、ゼニスは前例のないパフォーマンスにつながる、かつてない高振動を実現してきました。

    MASTER OF CHRONOGRAPHS
    Item 1 of 8

    マニュファクチュール

    ゼニスは、スイス初となる垂直統合型の時計製造工場です。1865年にジョルジュ・ファーブル=ジャコが創業。ゼニスの掲げる目標は、時計を最初から最後まで作りあげるのに必要とする時計製造に関する全ての知識、技術、職人の技能をひとつ屋根の下に集約させることによって、精度と革新で頂点に立つことです。150年以上経った今も、コラボレーションの精神は、未来の時計製造を育成するためのインスピレーションをゼニスに与え続けています。

    ウォッチクリニック

    ゼニス マニュファクチュールのウォッチクリニックでは、訪れる人を没入感のある時計製造の世界をめぐる旅へといざないます。ここでは、時計製造のインストラクターの案内によって、機械式時計の製造方法を直接学ぶことができます。

    ウォッチクリニックを見る

    マニュファクチュールを見学

    ル・ロックルのゼニス マニュファクチュールで、時計製造の過去、将来、そして未来をめぐる旅に出かけましょう。1865年に初めて創設された歴史的なマニュファクチュールについて、敷地内で催行されるインタラクティブで没入感のあるLe Monde Étoilé(ル・モンド・エトワレ)ツアーで知ってください。