DEFY EL PRIMERO 21 CARBON

3/20/2019
DEFY EL PRIMERO 21 CARBON

優れた性能を持つEl Primero 21はコンテンポラリーな感性のデザインに包まれ、同時にその精神は常に精度の限界に挑戦するZenith El Primeroの延長線上にあります。 直線とストレートなアングルを組み合わせた幾何学的なケースのファセットは、オープンワークのムーブメントの存在感ある構造を巧みに引き立てています。現在市場で量産される最高振動数のクロノグラフが、今回は軽やかで耐久性の高いカーボン ファイバーのケースで登場しました。

 

未来派のフォルムと精度

カーボンファイバーという素材には独特の特徴があります。軽量で耐久性に優れたハイテク合成素材。黙っていても何かを主張するような素材と言えるかもしれません。幾重にもランダムに重ねたカーボンファイバーの層が光を反射しユニークなビジュアル効果を生み出します。一つ一つのケースがまさにユニークピースとなります。 意表をつくそのビジュアル効果は、シャープでありながらすっと消えるような面白さがあり、腕に着けた時に思いがけない魅力を発揮します。このDEFY El Primero 21のバージョンでは、ファセットケースとラウンドベゼルだけでなく、リューズとクロノグラフのプッシュボタンもカーボン製です。 DEFY El Primero 21 Carbonを快適に腕にフィットさせるストラップは2種類あります: ブラックテキスチャーのラバーストラップと、カーボンイフェクトの特製ラバーストラップというアーバンなスタイルです。

 

優れた機能とシャープなスタイル

このようなカーボンケースに合わせ、ムーブメントとダイヤルも神秘的な雰囲気をかもし出します。毎時360,000振動(50 Hz) という驚くべき性能を誇る1/100秒精度のクロノグラフ DEFY El Primero 21のキャリバーは、初の深いブラック仕上げ。革新的なスケルトンムーブメントのシャープなエッジがダークな暗闇の中でキラリと光ります。オープンダイヤルもブラックですが、白のマーキングのコントラストにより、読み取りも問題ありません。時針、分針、秒針、アプライドアワーマーカーはファセットを施しダークなルテニウムのコーティングを施していますが、さらに加えたスーパールミノバ加工により暗がりの中でもわずかに光って見えます。高速のクロノグラフ機能を具体的に示すセンターの1/100秒精度の秒針、分と秒のトータライザーの針は、ブラック加工で先端に赤いチップがついています。新未来派のアーキテクチャルなデザイン。ゼニスはスタイルにこだわるウォッチ愛好家の皆様のために明日のタイムピースを創造します。

 

ゼニス: 未来の時計づくり

ゼニスは1865年の創業以来、本物の魅力と大胆さ、情熱を駆動力として、卓越性、精度、革新の限界を絶えず押し広げてきました。他とは違う視点を持った時計職人、ジョルジュ・ファーブル=ジャコによりル・ロックルで創業後間もなく、ゼニスは、特にクロノメーターの分野において目覚ましい成功を収め、その過程で2,333回もの受賞記録を達成しました。 記録的な偉業です。1/10秒単位の精度を実現した伝説のEl Primeroキャリバーで有名なマニュファクチュールは、600を超える様々なムーブメントの開発を手掛けています。今日ゼニスは、1/100秒精度のクロノグラフ、Defy El Primero 21とともに魅力的なラインナップを展開し、ダイナミックで前衛的な思考の伝統との結び付きを改めて実感しつつ、ゼニスは、ブランドの未来、そして時計づくりの未来を綴り続けるのです。

 

PRESS ROOM

For additional pictures please access the below link http://pressroom.zenith-watches.com/2019/03/20/defy-el-primero-21-carbon/