世界的に有名なテニスコーチであり起業家のパトリック・ムラトグルーが ゼニスのブランドフレンドに新たに仲間入りしました

1/20/2020
© Mouratoglou Tennis Academy

テニス界で最も影響力のある人物と言われるパトリック・ムラトグルーは、6歳でテニスボールに触れて以来、一貫してテニス界に携わってきました。彼の夢は一流のテニス選手になることでした。子供時代の大半を1日中テニスの練習をして過ごし、チャンピオンになりました。しかし、運命はパトリックに別の道を用意していました。彼の両親は彼が将来的にテニスで成功するとは考えていなかったので、彼に普通の教育を受け、就職の道を勧めました。しかし、パトリックはテニスに携わるという夢を諦めることはありませんでした。そこで、彼は学校を卒業するとビジネススクールに通い、そこで経営に対する洞察力を磨き、自信を培いました。彼が生来持っていたあらゆる物事に対する起業家精神によって、パトリックは26歳の時にムラトグルー テニス アカデミーを設立し、テニスに携わるという自分自身の夢を実現しました。このアカデミーは現在、世界で最も優れたテニスアカデミーの1つとされています。 

 

アカデミーを通じて、パトリックは多くのプロテニスプレーヤーとそれぞれのキャリアに合わせたさまざまな角度からのコラボレーションを行ってきました。それは、彼らの可能性を引き出し、最高の成果を達成するサポートとなりました。アカデミーで多くのプレーヤーたちに技術面および精神面での指導を行った後、パトリックは2012年にセリーナ・ウィリアムズ選手のコーチを務めることになり、さらなる名声を手に入れることになりました。彼女はローラン・ギャロスでグランドスラム大会としては初めて1回戦で敗退しましたが、その後パトリックはセリーナをナンバー1のポジションへ返り咲かせました。この年、世界ランキング3位で終えた彼女は、翌年から5年連続でランキング1位を維持し続けました。その間、オリンピックで2個の金メダル、10回のグランドスラム タイトル、3回のWTAファイナルズ優勝など、数多くのタイトルを獲得しました。この「ダイナミックな2人組」は現在も良好な協力体制を続けています。

 

「昨年ウィンブルドンでパトリックに初めて会うことができ、とても嬉しく思っています。我々はすぐに意気投合しました。私は彼のこれまでの経歴とカリスマ性、決断力にすっかり魅了されました。それは、まさに困難をものともせず高い志を持ち続けることを見事に体現しています。彼の情熱とエネルギーは、ゼニスの起業家精神に見事に合致するものです」とゼニスCEOのジュリアン・トルナーレはパトリック・ムラトグルーおよび彼との運命的な出会いについて述べています。

 

パトリックの積極性、忍耐力、独力での成功、そして謙虚さと無私無欲さは、彼をテニス界でユニークでカリスマ的な魅力のある人物でありながら広く尊敬を集める実業家にしました。彼が思い描く未来が実現することを、誰も邪魔することはできません。たとえそれが不可能なことに思えたとしても。有名なコーチとなり、スターダムを上り詰めることは、極めて可能性が低いように見えまましたす。しかしそれこそが、ゼニスの「Time to Reach Your Star(最も高い、あなたの星をつかむために)」という信念を体現しており、そこでは従来のしきたりは否定され、期待が上回っていくのです。 

 

「時計愛好家の1人として、1865年まで遡ることができる途切れることのない卓越性を持ったゼニスのブランドフレンドになれることを誇りに思います。ブランドの哲学である「Time to Reach Your Star(最も高い、あなたの星をつかむために)」は、私自身のこれまでの歩みに共鳴するものだと思います。  当初の計画には失敗しましたが、その経験を生かして未来を描き、最終的に目標を達成しました。それが私にとっての「スター(星)」なのです。私がテニス界で最も大きなタイトルを獲得しようと心臓をドキドキさせているときに、ゼニスの高性能時計を身に付けることを楽しみにしています」とパトリック・ムラトグルーはコメントしました。 

 

テニスコーチであり、起業家でもある彼は、テニス界の内外でさまざまなビジネスに深く関わっており、世界各国で講演を行い、人々に意欲を起こさせる刺激を与えています。パトリックは、パトリック・ムラトグルー財団を設立しており、向上心のあるテニス選手が頂点を極めるために財政的サポートを行っています。彼はまたタレントとしてTVにも出演しており、彼のTVショーは世界各国で放送されています。パトリックはいくつもの肩書を持っていますが、そのいずれでも現在の栄光に満足することはありません。 

ゼニス:未来の時計づくり

 

ゼニスの存在意義。それは人々を勇気づけ、あらゆる困難に立ち向かって、自らの夢を叶える原動力となることです。1865年の創立以来、ゼニスは現代的な意味で初のウォッチマニュファクチュールとなり、その作品は歴史的な英仏海峡の横断を成功させたルイ・ブレリオから成層圏からのフリーフォールという記録的偉業を成し遂げたフェリックス・バームガートナーまで、大志を抱いて、不可能を可能とするために困難に挑み続けた偉人たちからの支持を得ています。 

 

イノベーションの星を掲げるゼニスは、高度な技術プロセスで製造され単一部品のシリコンオシレーターを持つデファイ インベンター、1/100秒精度のクロノグラフ、エル・プリメロ21などを始めとする同社のウォッチに、優れた社内開発製造のムーブメントを搭載。1865年の創立以来、ゼニスは精度と革新を常に探求し続け、航空時代の幕開けを飾ったパイロットウォッチの先駆者として、また自動巻きクロノグラフキャリバーで初めてロット製造されたキャリバー“エル・プリメロ”で知られます。常に一歩先を歩むゼニスは、希少なレガシーをベースに新たな性能基準と感性に満ちたデザインを生み出してきました。1865年の創立以来、スイスの時計製造の未来をリードするゼニスは、夜空の星に思いを馳せ、悠久の時そのものに挑戦する人々とともに歩んで行きます。今こそ、その星空に手が届くときではないでしょうか。