フランキー・ザパタ

フランキー・ザパタ

可能性があるものの限界を押し上げ、個人の夢が実現できるよう刺激を与えていくのがゼニスのDNAです。フランキー・ザパタは、1909年、英仏海峡の横断飛行にザパタの前に成功収めた、かつて「破損王」と呼ばれたルイ・ブレリオのように、飛行するたびに技術を改善し、自分のビジョンの達成に一歩ずつ近づいています。

Time to Reach Your Star

1978年にマルセイユで生まれた起業家、発明家、トップアスリート、そして空飛ぶ男フランキー・ザパタ氏は、最初、水上で飛行することを夢見ていました。ザパタ氏のアスリートとしての能力が揃い、不屈のパイオニア精神が生まれ、それとともにスリルを求める人や都会の人々が成功するための手助けとなり、揺るぎない決意となりました。


ザパタ氏のユニークで革新的なパーソナルフライトへのアプローチ方法は、従来の電気プロペラに対しタービンエンジンを使用し、体の周りに設置されたフライトコントロールを直感で操作するというハイドロフライトの豊富な経験から来ています。垂直離着陸(VTOL)といった前例のない個別の移動能力を持つジェット式のFlyboard Airを備えたZapata©テクノロジープラットフォームは、今までに作られた中で、最も安全で、最も軽く、最も機動性の高いパーソナル航空システムです。


今日、大型ドローンよりやや大きく、セグウェイのような「物質移動」によって駆動されるFlyboard Airは、5つのミニジェットエンジンによって進み、燃料補給を必要とするまでの約10分間飛行することができます。これは推力を調整するためにハンドヘルドジョイスティックで操縦します。


パイロット タイプ 20 アドベンチャー