ランドローバー

ランドローバー

ランドローバー

模倣されても、決して他社の追随を許しません。ゼニスとランドローバーは生来のトップランナーです。両社が画期的な製品を発表した 1969年以来、両社の運命は関わり続けてきました。1969 年は、スイスの時計メーカーであるゼニスが、あの世界で最も精密なエル・プリメロのクロノグラフ ムーブメントを発表した年であり、また英国の自動車メーカーであるランドローバーが、レンジローバーの発表にみられるように、ラグジュアリーな四輪駆動車を世界で初めて発表した年でもあります。その3年後、両社は再び道を交えることとなりました。探検家のジョン・ブラッシュフォード=スネルは、コロンビアとパナマの境界にある荒れ果てた湿原・原生林地域、ダリエン・ギャップを横断しました。ブラッシュフォード=スネルは初期のレンジローバーを運転し、腕にはエル・プリメロのクロノグラフを身に着けていました。

50年保証

このアメリカ横断の遠征中、両社の製品は卓越した機動性と耐久性、どのような地形環境にも対応できる並外れた性能を発揮しました。このように逸話が語り継がれる冒険以来、50年に及ぶ革新と精査により、シンプルさと丈夫さ、独創性をあわせ持つ、という元来のコンセプトは、時代を超越したアイコンの地位まで上昇し、その由緒正しさを守り続けています。

ゼニスが車なら、絶対にレンジローバーです!両社ともその分野の象徴的存在として認められています。両社とも、同じ価値観を抱き、カリスマ、技術的改善、優れた性能など、多くの重要な共通した資産を持っています。両社とも、イノベーションを真髄としています。デファイとレンジローバーは、各業界において魅力的で高級な象徴であり、草分け的な存在として各々の業界、瞬時に感情的なつながりを持つ製品で土台を築き上げてきました。両社とも、将来にしっかり目を据えていながらも、過去からのインスピレーションを大切にしているのです。

ゼニスCEO、ジュリアン・トルナーレ