色彩豊かな動き:ゼニスは、デファイ 21 ウルトラブルーで可視光線の振動数と ムーブメントを探求します

色彩豊かな動き:ゼニスは、デファイ 21 ウルトラブルーで可視光線の振動数と ムーブメントを探求します

3/23/2021
デファイ 21 ウルトラブルー  97.9001.9004/81.R946 - Zenith Watches

ゼニスは、恐れることなく未来の時計製造という独自のビジョンを表現し、1/100秒計測のクロノグラフである印象的なデファイ 21の製作を通して、高振動の精度の概念を強調し続けています。高振動を可視光線スペクトルのひとつの領域へ変換させることは、デファイ 21 ウルトラヴァイオレットから始まりました。それは世界初となるヴァイオレットカラーのクロノグラフ・ムーブメントであり、全体的に落ち着いた色合いのマットなサンブラスト仕上げのチタン製ケースに対し際立ちを放っています。  現在ゼニスでは、同様の印象的な効果が、ディープインディゴとエレクトリックブルーのクールなトーンのデファイ 21 ウルトラブルーに施されています。

ブルーカラーは、ゼニスの伝承の中で特別な位置を占めています。ゼニス マニュファクチュールの創立者ジョルジュ・ファーブル=ジャコは、この星空の背景から、数々の賞を受賞したキャリバー、そして最終的にはブランド名のインスピレーションを得たのです。

伝説的なエル・プリメロ高振動自動巻クロノグラフ キャリバーを搭載した最初の時計の1つであるA386の特徴的な色の1つでもあります。また、マニュファクチュールが最も複雑な時計で幅広く探求してきた色でもあり、ゼニスによる未来の高級時計を表すものとなっています。

デファイ 21 ウルトラブルー 97.9001.9004/81.R946 - Zenith Watches

部分的にオープンな文字盤は、わずかに重なり合ったクロノグラフカンターを備え、ディープグレーのケースとマッチするグレートーンで仕上げられています。コントラストとなるホワイトマーキングが施され、読みやすさを実現しています。デファイ 21の極めてアヴァンギャルドなムーブメントコンセプトと傾斜をつけたオープンブリッジのデザインで、鮮やかなブルーのムーブメントを眺めることができます。先端をホワイトにカラーリングした中央のクロノグラフ秒針は1/100秒を計測し、文字盤上を1秒間で一周します。

デファイ 21 ウルトラブルー 97.9001.9004/81.R946 - Zenith Watches

ムーブメントのブルーブリッジを際立たせながら、より印象的なコントラストを生み出す、デファイならではのファセットカットを施した44mmケースは、マットなサンブラスト仕上げにすることでチタンのダークな金属感を際立たせ、表面に当たる光をより多く吸収します。オープンムーブメントのトーンを完成させるブラックのラバーストラップには、ブルーのコーデュラエフェクトとステッチを施し、全体のトーンを揃えています。

デファイ 21 ウルトラブルーは、2021年3月より世界中のゼニス ブティック、または各国のオンラインブティックにてお求めいただけます。