シャルル・ベルモ

ヒーロー、反逆者、そして救世主。シャルル・ベルモは謙虚でありながら非凡な正確の持ち主で、ゼニスの伝統において、無意識のうちに重要な役割を果たしました。50年前の発売時、エル・プリメロムーブメントを手掛けていたオリジナルの時計職人の1人、ベルモは、クォーツムーブメントの台頭が機械式時計製造を危機に追いやったため、当時の経営陣が1975年にエル・プリメロの生産を中止するという決定を下したことに憤慨しました。

The future of swiss watchmaking since 1865
Charles Vermot in the Grenier - Zenith Watches

いつの日かゼニスがこの卓越したムーブメントの製造を再開できるようにという希望を込めて、ベルモは上司に逆らい、次世代のためにエル・プリメロを守ろうと独断で行動します。シャルル・ベルモは、全て密やかに、エル・プリメロムーブメントの部品を製造するのに必要な全ての技術計画とツールを集め、フランス語でグルニエとして知られるゼニスのマニュファクチュールの屋根裏部屋の壁で囲まれた秘密の場所に隠しておくという考えを思いつきました。


Charles Vermot - Zenith Watches

10年後、ベルモの勇敢な行動が、エル・プリメロ復活の第一歩の役割を果たしました。将来性のある高振動自動巻クロノグラフムーブメントの救世主として、彼の存在は永遠に記憶されることでしょう。


別のゼニス ヒーローの伝説を読む