ジョルジュ・ファーブル=ジャコ

時計製造に対する独自のビジョン、そして伝統の中心地に革新と現代性を持ち込む勇気を持った男、ジョルジュ・ファーブル=ジャコは、スイス初の統合型マニュファクチュールを設立しました。彼が1865年にゼニスを設立したときの目的は、これまでに製造された中で最も優れた、最も正確で、最も信頼性の高い時計、つまり「完璧な時計」を制作することでした。

Time to Reach Your Star

ひとつ屋根の下

1865年のゼニス マニュファクシュール

彼は、この偉業を成し遂げるためには、時計製造に関する多種多様な技を一つ屋根の下に集結させなければならないと考えました。そして、まさに彼はそれを実行しました。彼は17,000㎡の工業用地に自身の帝国を築いたのです。その工場はル・ロックルの駅に隣接しており、製造用の原材料は直接供給されるようになっていました。この革新的なスイス時計製造工場では、20世紀の初めの数十年ですでに最大2000人の従業員が働いていました。

1900年 グランプリ

1865年のゼニス マニュファクシュール

1900年に開催されたパリ万国博覧会では、ゼニスはゼニス・キャリバーとそのたぐい稀な性能でグランプリを受賞し、これをきっかけにマニュファクチュールはゼニスを正式名称に採用しました。ジョルジュ・ファーブル=ジャコのパイオニア精神は、現在もマニュファクチュールを導く星であり続けています。1900年に開催されたパリ万国博覧会では、ゼニスはゼニス・キャリバーとそのたぐい稀な性能でグランプリを受賞し、これをきっかけにマニュファクチュールはゼニスを正式名称に採用しました。ジョルジュ・ファーブル=ジャコのパイオニア精神は、現在もマニュファクチュールを導く星であり続けています。

カロリーヌ・レミの物語を見る